ページトップへ

出会い系サイト関連の被害は増加しています

出会い系サイト利用の高年齢化に伴い、以前から問題視されていた売春や援助交際などの被害に加え、最近では巧妙な手口を使った詐欺などの悪質な被害が増加しています。安全に出会い系サイトを利用するために・・・また、もしも悪質サイトの被害に遭ってしまった場合の対処方法を紹介します。

児童(18歳未満の少年)の出会い系サイト利用は禁止されています

無料の出会い系サイトなどでは、まれに18歳未満の児童が年齢をごまかして登録していることなどがあります。相手が児童とわかった時点で身を引きましょう。相手が児童と知って性交渉を迫った場合、犯罪となり罰せられます。
管理が行き届いている出会い系サイトなら発覚した時点で即強制退会処理となりますが、18歳未満でも登録できるような出会い系サイトは違法悪質サイトなので、絶対に登録しないでください。

出会い系サイトを介した援助交際・売春は成人同士でも違法です

説明するまでもありませんが、出会い系サイト上で金銭等を伴う異性交際の誘引は 違法行為です。
しかし「援助交際」と聞くと、18歳未満の児童に対するイメージが先行してしまいがちですが、成人・児童問わず違法行為を行った場合は、最大100万円の罰金 が科せられます。
売春行為を野放しにしている出会い系サイトは悪質な出会い系サイトと言えるでしょう。
トラブルに巻き込まれる前に退会するのが無難です。

悪質出会い系サイトの架空請求被害に遭ってしまったら・・・

中年の出会い系サイトの利用者に一番多いトラブルがこの「架空請求」です。
架空請求被害に遭うパターンは様々で、

○セキュリティの甘い出会い系業者から個人情報が流出してしまうケース
○無料の出会い系サイトに登録した際に同時登録された有料高額出会い系サイトから請求されるケース
○スパムメールからワンクリックで登録・課金されてしまうケース

次に架空請求業者の代表的な手口を紹介します。

悪質な出会い系サイト業者による架空請求の手口

請求書には“自宅や勤務先に出向する”や“強制執行”などの脅迫めいた文章で被害者が不安になるようなものばかりです。
被害者の中には、家族や会社に知られる事を恐れて振り込んでしまう人もいると思います。また、確認できないような過去にさかのぼり「利用した“かもしれない”」と勘違いして支払ってしまうこともあるようです。
基本的に身に覚えのない出会い系サイトからの請求に応じる必要はありませんが、最近はこのような悪質な手口も増えています。冷静に対処しましょう。

出会い系サイト業者からの不当請求

利用した覚えがある出会い系サイト業者からの請求は、原則として払う義務があります。
しかし、ここ最近頻発している被害に多いのが“利用無料”と謳っている無料の出会い系サイトから法外な額の遅延金を請求されるという多額請求被害です。
万が一、利用したにも関わらず支払が滞っていて請求されたとしても、「遅延損害金の上限」という法律で定められた遅延金として加算される金額には一定の上限があります(下記リンク参照)。
これを上回る金額の請求があった場合は明らかに違法な請求額になるので、不当請求詐欺だと考えられます。

悪質出会い系サイトの被害は専門機関に相談しましょう

悪質出会い系サイトによる被害は後を絶ちません。手口が巧妙化し、素人では判断がつかない事例も多く挙がっています。もし被害に遭ってしまった場合は、支払う前に各種専門機関への相談・問い合わせをおすすめします。
面倒だから、と放置していると被害者側が不利益を被る可能性もあるので十分に気をつけましょう。

悪質出会い系サイト被害関連リンク

上記のような被害に遭ってしまったら、警察や国民生活センターへ連絡することをおすすめします。
悪質出会い系サイト被害者は、自分が出会い系サイトを利用していることを家族や会社に知られることが怖いという人が過半数を占めます。下記の専門機関は個人のプライバシーを漏えいするようなことはありません。
一定の時間が経過してしまうと対処できなくなってしまうこともあるので、「おかしいな」と思うことがあれば迷わず専門機関へ相談してみましょう。